HOME>イチオシ情報>今後長く付き合っていく歯のためにも知っておきたいこと

失った歯を補う

治療器具

怪我や口内環境などいろいろな理由で歯を失ってしまうことがありますが、その時に歯を補う方法の中で注目されているのがインプラントです。横浜の病院でもその施術を受けることができるようになっており、現在ではあえてその施術を選ぶ人も珍しくありません。歯を失った場合は、入れ歯やブリッジを利用して補うことも可能ですが、あえてインプラントを利用する場合も多くいます。インプラントは他の施術とは違っており、健康な歯を削ったりする必要もなく、1本の独立した歯を作ることができるからです。また噛む力も自分の元々の歯に最も近い状態に持っていくことができ、見た目も非常に自然な感じです。そのため、ただ単に歯を失ってしまった時に補うためだけでなく、現在では歯並びを良くするなどの目的でも活用されています。自分の元々の歯の色に合わせて新しい歯を作ることもできるので、非常に審美生が高く注目されています。

口内環境が重要

インプラント

インプラントは人工歯根を埋め込む手術をおこないますが、その際、どのような口内環境でも手術ができるわけではありません。もし手術に適していない口内環境だった場合は、まずはインプラント手術ではなく口内環境を正常にする治療がおこなわれます。そして状態が良くなってからインプラントをおこなうというのが、横浜をはじめとして全国各地の病院で選ばれています。また、インプラント自体は非常に審美生が高く綺麗な歯にすることができますが、何も手入れをしなくても綺麗な状態を維持出来るとは限りません。出来るだけ良い状態を維持するためにも、定期的に病院に通ってメンテナンスをおこなうようにするのが、インプラントの手術をおこなった場合に重要なことです。

広告募集中